【ワンピース】チョッパーはハゲ?帽子を取った姿を見る方法とは?

ワンピース チョッパー

 

麦わらの一味の船医トニートニー・チョッパー

 

彼は動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べた人間トナカイです。

 

でも、人間よりも人間味のあるいい奴なんです。

 

普段はウソップらと共にお笑い担当的な感も否めませんが、ルフィの仲間になる前の恩人であるドクターヒルルクとの涙なしでは見れないエピソードはもちろん、パンクハザード編では実験材料にされた子供を助けようと必死になっていた姿が印象的でした。

 

チョッパーは臆病ですが、正義感が強く、弱い者を守るときには捨て身で戦う勇気も持っています。

 

知的好奇心も強く独学で医師となり、現在まで船医として活躍しています。

 

そんなチョッパーのトレードマークは帽子です。

 

スポンサーリンク

 

チョッパーはいつでもどこでも帽子をかぶっています。

 

はじめはヒルルクにもらったピンクの帽子をかぶっていましたが、魚人島以降は青い帽子に変わっており、どちらもとても愛らしいですよね。

 

映画では牛っぽい感じの帽子をかぶっていました。

 

また、ハローキティとのコラボでキティちゃんの着ぐるみ姿もかわいかったです。

 

どんな帽子でも似合ってしまうチョッパー。

 

ワンピース チョッパー

 

しかし、その帽子の下はどうなっているのでしょうか。

 

ヒルルクから帽子をプレゼントされてから、アニメを最近のものまでずっと見ていてもチョッパーは残念ながら帽子を取りません

 

チョッパーは自ら開発したランボルボールという薬で巨大化したときでさえも、まだ帽子をかぶっていますよね。

 

裏情報になりますが、チョッパーは帽子を取ったらはげ頭です。

 

もちろんトナカイなので動物的な毛はあるのですが、人としてみれば短い前髪がちょっとあるだけです。これはクレーンゲームに使用されるメーカーバンプレストの景品フィギュアで判明したことです。

 

そのフィギュアでは、魚人島編をテーマにしたものですが、チョッパーが人魚に帽子を持っていかれ、頭があらわになっているのです。

 

スポンサーリンク

 

バンプレストの景品は公認グッズであり、作者も監修しているはずです。

 

ということは、チョッパーが帽子を取ったときの裏設定は、はげ頭ということになります。

 

人間よりも人間らしいチョッパー。

 

そこから考えると自分のはげ頭を恥ずかしく感じて、帽子を手放せないのかも知れませんね。

 

チョッパーは、はげ頭であったとしても、その可愛らしさが損なわれることは全くありません。

 

チョッパーの可愛さは見た目だけでなく、人間らしい悩みや葛藤を持ち、強い意志で勉強して医師となったというキャラクター全体がかもし出しているものだからです。

 

このように考察してくると、チョッパーがますます愛らしく感じてきませんか。